Menu

胃カメラ

Home

胃カメラ(胃内視鏡検査)について

胃カメラ(胃内視鏡検査)について

当院で行っている内視鏡検査は胃カメラ(胃内視鏡検査)と大腸内視鏡検査があります。胃カメラ(胃内視鏡検査)の正式名称は「上部消化管内視鏡検査」といいます。

カメラ(内視鏡)を口から食道→胃→十二指腸の中に入れて、
先端についている超小型のカメラで中の様子をモニタ画面に映し出して検査を行います。

検査では食道、胃、十二指腸を観察し、がん、ポリープ、潰瘍、胃炎、ピロリ菌の有無などを診断します。

がんの早期発見をめざして内視鏡技術、NBI

がんの早期発見をめざして内視鏡技術、NBI

がんの早期発見が重視される中、NBIが注目を集めています。

NBIは、特殊な青と緑の光を用いて、粘膜内の血管などの観察をサポートする、内視鏡の新しい技術です。

NBIによって、通常観察では見えにくかった、がんなどの極少病変の早期発見につながることが期待されています。

最新鋭の機材で、信頼の治療を。すべては、患者様のために。

最新鋭の機材で、信頼の治療を。すべては、患者様のために。

内視鏡メーカーが内視鏡のことを考えてつくった洗浄消毒装置。

「安心」の洗浄所毒性能と「安全」への配慮にこだわりました。
優れた消毒力の「過酢酸」がスピーディーな高水準消毒をサポートします。

また、地球環境と人体への影響。すべての面も配慮しております。

胃カメラ検査の流れ

①検査の予約

胃カメラは予約をお願いします。(電話での予約も受け付けています。)
ただし、緊急の場合は、絶食でご来院いただければ検査は可能です。
薬を服用している方は、服用の中止について事前に指示を受けてください。
午前中の検査の方は、検査前日の夕食は21時までにすましてください。
水分(水、お茶)は構いません。
午後より検査の方は、当日の朝食は軽食(いつもの量の半分の量)でにすましてください。
水分(お茶、水)は構いません。

②検査前日

検査前日の午後9時以降は食べないでください。
水分(水・お茶)は構いません。

③検査当日

午前中検査の方は、朝食は絶食です。 水分(水・お茶)は飲んでいただいて構いません。
午後より検査の方は、当日の朝食は軽食(いつもの量の半分の量)でにすましてください。
水分(お茶、水)は構いません。
常に内服している薬がある方はお申し出ください。

④検査の流れ

検査衣に着替えていただきます。
胃の中の泡を消すお薬を飲んでいただきます。
のどの麻酔のお薬を飲んでいただき、
その後、のどの麻酔のお薬でしっかりとうがいをしていただきます。
胃の動きをおさえる筋肉注射をします。
心疾患、緑内障、前立腺肥大のある方は、お申し出ください。希望により、鎮静剤の注射をします。
口にマウスピースをつけていただきます。
内視鏡を口から挿入して、食道、胃、十二指腸を観察します。
必要な場合には、組織を採取します。
検査時間は10分前後です。
鎮静剤を使用された方はしばらく休んでいただきます。
検査結果の説明を聞いていただきます。

胃内視鏡検査の費用

 

 

 

 胃内視鏡(観察のみ)

約2,000円

約6,000円

 胃内視鏡(病理組織検査含む)

約3,000円~約4,000円

約9,000円~約12,000円

当院で行える検査(胃カメラ・大腸カメラ・内科・人間ドックなど)

岡田内科消化器クリニックへのアクセス

岡田内科消化器クリニックへのアクセス








■診療科目
内科・胃腸科・消化器科・循環器科・呼吸器科・放射線科
■検査
胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査・内視鏡による日帰り手術(大腸ポリープ切除手術)
エコー検査・がん検診・糖尿病の相談・禁煙指導など
⇒詳しくはコチラ