Menu

大腸カメラ

Home

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)について

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)について

大腸内視鏡は先端に高性能カメラがついた細いチューブ(直径1cm程度)を
肛門→直腸から挿入し、大腸全体と小腸の一部を観察する検査のことをいいます。

大腸カメラは、大腸ポリープ・大腸ガン・潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患等が診断可能です。
また、検診時便潜血が陽性の場合や、便秘・下痢・腹痛・血便などの症状がある場合は、精密検査を行うことをお勧めします

大腸ポリープを認めた場合は、ポリープ切除(日帰り手術)も同時に可能です。

大腸内視鏡検査の流れ

①検査の予約

大腸検査は、予約をお願いします。(電話での予約も受け付けてます。)
検査の説明・前処置の説明がなどがありますので検査前に一度ご来院をお願いします。

②検査前日

検査前日の午後9時以降は食べないでください。
水分(水・お茶)は構いません。
寝る前に下剤を4錠内服していただきます。

③検査当日

検査当日は朝食は絶食です。
水分(水・お茶)は構いません。
常に内服しているお薬がある方はお申し出ください。
午前7時頃より、1.8ℓの下剤を少しずつ飲んでいただきます。
希望があればクリニックにて服用していただくことも可能です。
検査の際、鎮静剤を使用される場合は、当日のお車の運転はお控えください。

④検査の流れ

検査衣に着替えていただきます。
腸の動きを止める注射をし、希望により鎮静剤の注射をします。
内視鏡を肛門から挿入し、大腸の一番奥の盲腸まで観察します。
必要な場合は組織を採取します。
15分から20分で検査終了となります。
大腸ポリープを認めた場合は、必要に応じて切除します。
ポリープを切除した場合は、止血剤入りの点滴をし、休んでいただきます

大腸内視鏡検査の費用

 

 

 

 大腸内視鏡(観察のみ)

約2,500円

約7,500円

 大腸内視鏡(病理組織検査含む)

約4,000円~約6,500円

約12,000円~約19,000円

 大腸内視鏡ポリープ手術

約7,000円~約10,000円

約22,000円~約30,000円

当院で行える検査(胃カメラ・大腸カメラ・内科・人間ドックなど)

岡田内科消化器クリニックへのアクセス

岡田内科消化器クリニックへのアクセス








■診療科目
内科・胃腸科・消化器科・循環器科・呼吸器科・放射線科
■検査
胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査・内視鏡による日帰り手術(大腸ポリープ切除手術)
エコー検査・がん検診・糖尿病の相談・禁煙外来など
⇒詳しくはコチラ